大阪の通信制高校に行き人生が変わった話

通信制高校の説明会に行った

全日制では信頼していた教師から大きな裏切りを受けてしまい、すぐに外に一歩も出られない生活になりましたが、それでも尚通信制高校に対する固定概念が払拭する事はありませんでした。
今更全日制に戻る事ができない上に不登校が集結している通信制は好きではないというわがままを貫き通していった結果、時間だけが刻々と流れつづけ冷静に物事を考えた時このまま何も経験せずに年齢だけを重ねるのか、通信制に行くことしか残されていませんでした。
後から聞いた話では両親は選択肢は一つしかないと理解していたので、既に早い時期から通信の学校のパンフレットなどを手配して手元に置いておき、度々目にしていたという事を知りました。
重い腰を上げそれまであまり開ける事がなかった扉を開けて外に出て、学校側が開いている説明会の話を聞きに行くために外出しました。
説明会と言っても重苦しいものではなく、速やかに願書の届け出や転入に纏わる手続きが開始されていったのですが、手続きを面倒に感じるというよりも再び試験を受け直す必要性がある事に対して心配していました。
家に居る時も全く勉強をしているわけではなかったので、当然他の生徒よりも知識が乏しくて到底高校に入るための試験を受けるために必要な学習能力は満たしていなかったためです。

こんにちは!京都の通信制高校、京都美山高等学校です!! 通信制高校 eラーニング 大阪 京都 https://t.co/94uOEnzHG5 pic.twitter.com/3ixxaEOQJV

— miyama-system001 (@MSystem001) 2018年3月15日

中学時代フリースクールに在籍していた通信制高校の説明会に行った一度高校を辞めた自分に対しても先生は優しかった

通信制高校 大阪天王寺学館高校